本文へジャンプ

プロジェクター サポート

SMART Technologies 画質がスマート、投写がスマート、接続がスマート。3つの「スマート」技術により実現した、ポータブル・超短投写LEDプロジェクター。

SMART Picture 日立独自の映像処理技術により、高画質をサポート。

明るい部屋でも鮮明な映像を投写

日立独自の映像表示技術HDCR(High Dynamic Contrast Range)を搭載。明るい場所でもコントラスト感のある鮮明な画像を投写します。さらに、オート機能により環境に合わせて自動で調整します。

また、ACCENTUALIZER(アクセンチュアライザー)により画像の陰影感、精細感、光沢感にアクセントを与え、リアルな映像表示を実現します。

受賞トロフィーイメージ図

本技術は、「明るい場所でも見やすい映像技術の開発とプロジェクターでの実用化」として、平成27年度電気化学技術奨励会会長賞を受賞しました。

HDCRおよびACCENTUALIZER(アクセンチュアライザー)イメージ図


台形歪み(垂直キーストン)補正

スクリーンと本体設置位置との高低差によって起こる上下の台形歪みを補正する機能を搭載しています。

多彩な映像モード

「ダイナミックモード」や「ホワイトボードモード」「シネマモード」など、使用環境やコンテンツに適した映像モードを8種類内蔵しています。

Projection 日立の独自技術「自由曲面光学技術」を搭載。

机上に投写可能・薄型軽量

日立独自の超短投写光学技術「自由曲面レンズ・ミラー」方式 解説図

日立独自の超短投写光学技術「自由曲面レンズ・ミラー」方式により、セットの小型軽量化と超短投写を同時に実現しました。

薄型軽量約1.2kgでビジネスバッグに入れて持ち運びも楽々。机の上に36型の大画面で投写ができます。


メンテナンスフリー※1・高発色3色LED光源

赤色、緑色、青色の3色LED光源を採用。色再現性が高く、電源を入れてすぐに明るくなるため、使いたいときすぐに鮮明で明るい映像が表示できます。従来のような「ランプ切れ」の心配がなく、メンテナンスフリーで長寿命約20,000時間を実現。

※1
 LED光源を使用しているため、ランプ交換不要です。

環境にやさしいECOモード搭載

環境にやさしい約100Wの省消費電力を実現しました。メニュー画面からエコモードを選択すると、消費電力をさらに4割削減できます。


強固なセキュリティ機能搭載

盗難防止対策として、パスワードやマイスクリーンパスワードなどのセキュリティ設定を搭載しています。

SMART Interface 日立の独自技術「自由曲面光学技術」を搭載。

Miracastでワイヤレス接続

Miracast対応のスマート端末※2を使えば、Miracastを使ったワイヤレス接続が可能です。映像や音声をそのままプロジェクターに伝送でき、スピードも速いので動画配信サイトなどの動画もスムーズに視聴することが可能です。

※2
 スマート端末のMiracast機能を有効にするには、スマート端末の取扱説明書をご参照下さい。
 ネットワーク環境によっては正常に通信できない場合があります。

アプリを使ってワイヤレス接続(Link+、NFC)

アプリを使ってワイヤレス接続イメージ図

「Link+」アプリの
ダウンロードは
こちらから

専用のアプリケーション「Link+」(無料・Android版が公開中、iOS版およびWindows版は現在準備中)※3でスマートフォンやタブレット端末とワイヤレス接続し、写真や動画※4、PDFファイルやPowerPoint※5などの資料をプロジェクターで投写できます。さらに、アプリ上で音量調整や、電源オンオフなどの操作を行うことも可能です。

また、NFC(Near Field Communication)に対応しています。Link+を開き、スマート端末を本体に近づけるだけで、簡単にワイヤレス接続が可能です。※6


※3
 スマート端末のMiracast機能を有効にするには、スマート端末の取扱説明書をご参照下さい。
  対応OS:iOS5.1.1以降、Android OS2.3および4.0以降(※Android OS7.0以降には非対応です)、Windows7以降。
※4
 動画はmp4形式のみ対応。
※5
 アニメーション機能は非対応。
※6
 NFC対応のスマート端末が必要です。 iPhoneシリーズのNFC機能には非対応。

USBメモリーの画像データをダイレクト表示(PCレスプレゼンテーション機能)

PCレスプレゼンテーション機能 解説図

資料のデータなどを保存したUSBメモリーを本機のUSB端子に直接接続することで、PCを使用しなくてもプレゼンテーションできます。

JPEG、BMP、PNG、GIF、MOVIE(.avi、.mov)に対応。詳しくはダウンロードのページから「取扱説明書-詳細版【応用編】」をご参照ください。

スマート端末を充電しながらプレゼンテーション

MHL対応のAndroid端末と接続すれば、端末を充電しながらプレゼンテーションを行うことができます。

MHL機能対応のスマート端末が必要です。別途市販のMHLケーブルが必要です。

MHLロゴ

MHLによる充電 解説図


スライドジェスチャー操作

スライドジェスチャー操作 解説図

プロジェクターの投写画面上で、手のひらを「左」から「右」(または逆向き)へスライドさせることで、投影画面の「送り」「戻し」操作ができます。

PCレスプレゼンテーション、「Link+」を使ったワイヤレス接続、およびコンピュータ入力端子またはHDMI端子接続と同時にUSBケーブル接続した場合にのみご使用できます。

その他様々な入力系統をサポート

入力インターフェース図

HDMI端子、コンピュータ入力端子(Dサブ15ピンミニ)、USB端子による接続(USBディスプレイ)に対応しています。

掲載内容は2017年11月現在のものです。

*
掲載商品は日本国内のみで販売されるものです。ご使用される場合は日本国内に限ります。
*
記載の内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*
画面はハメ込み合成です。
*
インターネットの写真と実際の商品の色とは、多少異なる場合があります。
*
プロジェクターを並べて使用する場合や複数台を表示する場合、製品の個体差がありますので、色・明るさ・フォーカスなどが異なることがあります。
*
オープン価格の商品は希望小売価格を定めていません。
*
HDMI、HDMI ロゴおよびHigh-Definition Multimedia Interface は、HDMI Licensing Administrator, Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*
HDBaseTおよびHDBaseT Alliancer ロゴは、HDBaseT Alliance の登録商標です。
*
MHL、MHL ロゴおよびMobile High-Definition Link は、MHL, LLC の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*
Miracastは、Wi-Fi Allianceの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*
その他の会社名および製品名も各社の商標・登録商標です。