本文へジャンプ

Hitachi

プロジェクター

使用済み製品の回収システムについて

日立マクセル株式会社は、日立グループの一員として「地球温暖化の防止」「資源の循環的な利用」「生態系の保全」を重要な三つの柱として、製品の全ライフサイクルにおける環境負荷低減をめざしたグローバルなモノづくりを推進し、持続可能な社会の実現をめざします。

また、お客様のご要望や法規制に対応し、使用済み製品の回収システム構築を推進していきます。

事業系(法人様)使用済みプロジェクター回収サービス(以下「回収サービス」と略)のお申込み

申し込みの流れ(1)

事業系(企業などの法人)でご使用済みとなった弊社販売のプロジェクターならびに、過去に株式会社日立製作所、株式会社日立コンシューマエレクトロニクスが販売したプロジェクターは、日立マクセル株式会社にて回収サービスをお引き受け致します※1。回収に際しては、お客様の個人情報の利用目的および取扱いに関するご説明※2をご確認のうえ、必要事項を記入したメールをお送りいただき、そのあと製品回収に関する契約を締結したのちに回収させていただく形となります。

それではまず最初に下記のボタンをクリックし、「2.お客様の個人情報の利用目的および取扱いについて」の内容をご確認ください。

※1
ここでいう「プロジェクター」には、プロジェクターとセットで販売した取付金具やランプも含まれます。ただし、木製品や布製品は含まれません。
※2
回収依頼のメールに含まれる個人情報に関しましては、ご依頼のメールをお送りいただいた時点で、日立マクセル株式会社の「個人情報保護方針」に同意されたものとして対応させていただきます。あらかじめリンク先の内容をご確認の上、ご了承ください。