本文へジャンプ

Hitachi

プロジェクター

Q1.プロジェクターをより便利に使えるようにするソフトウェアはありますか?

日立が無償で提供するアプリケーションソフトウェアを活用していただくと、日立プロジェクターをネットワーク経由でさらに便利に利用していただくことができます。
パソコン画面のワイヤレス接続での投写、スマート端末(タブレット、スマートフォン)の写真やドキュメント、Webページのワイヤレス接続での投写、または、プロジェクターの遠隔管理&制御などができます。

Q2.主なソフトウェアとしては、どんなものがありますか?

現行の日立プロジェクターで使用できる主なソフトウェアとしては、下記のものがあります。

 1)LiveViewer:
  プロジェクターとパソコンを有線/無線LAN(Wi-Fi)で接続し、ネットワーク経由でパソコン画面をプロジェクターで投写するための
  ソフトウェアです。Windows® 8.1またはMac OS Xに対応したバージョンがあります。

 2)Projector Quick Connection:
  iPad / iPhone および Androidの写真や文書ファイル、Webページを、無線LAN(Wi-Fi)で転送して投写するためのソフトウェア
 (スマホアプリ)です。それぞれ、iOS向けのアプリと、Android向けのアプリがあります。

他にも、有線/無線LAN(Wi-Fi)またはRS-232C接続により、プロジェクターを遠隔管理・コントロールできるソフトウェアなどがあります。
詳しくは「サービス & サポート」の「ソフトウェアダウンロード」をご覧ください。

※ 無線LANの使用時には「USBワイヤレスアダプター:USB-WL-11N(別売り)」が必要です。